あ の ひ と

小桧山聡子作品展

2010年 3月16日〜4月9日

会期延長しました!

是非観に来てください!

あ の ひ と

 

かさなる ノコリガ

におい立つ 残像

ぬるい 記憶

ゆれる グレー

鼻先の 気配

 

混沌は ばらばらと ほどけ

きゅっと輪郭が立ち上る

ごろりとして

飄々となまめかしく

祈ったり あっけらかんとしたりしながら

がらんどうの部屋は質量をもつ

 

遠いようで物凄く近くて

切ないようで あたたかい

一点へ向かいながら

とりとめもない広さへ向かう矢印

 

「あのひとの肖像」

「あのひとの時間」

「あのひとの食卓」

 

「あのひと」のこと。

 

◆  ◆  ◆

特別ライブ企画

あのひとの食卓

2010年 3月21日(日)

★ 15:00〜    ★ 19:00〜

(開場は開演の30分前です)

料金:2000円

各回限定20名(要予約!)

 

 

 

          出演 : あ の ひ と 

          踊り  : 細井 博子

          料理 : 小桧山 聡子

 

 

 


「asterisk*cafeアネちゃんのごはんいっぱいの幸せ」出版記念

asterisk*cafe アネごはん展

2010年 4月13日〜24日

 

クッキングスタイリストとしても活動している

イラストレーター牧野純子の空想 カフェ

「asterisk*cafe」。

ブログ「asterisk*cafe」のレシピを中心にまとめた

「asterisk*cafeアネちゃん のごはんいっぱいの幸せ」

主婦と生活社より B5判 /880円(税込)

3月下旬発売の出版を記念して!

ごはんがおいしくなるイラストレーションを展示します。

 

本に掲載されたレシピをニワコヤで再現した

アネごはんもご期待下さい。

(メニュー・品数は未定)

 

 

4月25日(日)は出版記念イベント!

 

■日時:2010年4月25日(日)


    16:00開場 作品をご覧になりながらしばしご歓談

    17:00〜20:00 アネ手製のサングリアなどで乾杯♪

■会費:2,000円(フリーフード・1ドリンク・書籍つき)

 土鍋で炊く白いごはん、アネごはん本掲載の料理の数々、

 得意のサングリアなどで、おもてなしいたします

  バラ散らし、ほたての炊き込みごはん、鶏のさっぱり煮、

 鰹の胡麻揚げ、サーモンとハムの椿、 和風かぼちゃサラダ、

 などなどなど…。

 御馳走をどっさり作ってお待ちしています。

■来場希望のお客様はメールで申し込み下さい!

 

 

asterisk*cafe

〜おいしいアネ菓子アネごはん〜

クリック!

 


伊東あゆみ 石橋美和子

-colour of eary summer season-

2010年 4月27日〜5月1日

初夏を感じさせる瑞々しい二人展です

ライン使いが楽しい伊東あゆみさんのアクセサリーと

ロンドンで版画を学んだ石橋美和子さんのリトグラフ、

銅版画、シルクスクリーンの展示です。

28日(水)18:00〜22:00

Opening partyもあります。

 

伊東あゆみ シルバーアクセサリー

石橋美和子 版画

 

 

 

 


 

niwa-coyaと納々屋


自称じみ菓子(地味〜だけど滋味!!なお菓子のことを

そう呼んでいる)ファンの二人が、お土産合戦から端を発して、

「日本各地の古くからあるお菓子を集めたら面白いだろうね」

と盛り上がり、一気に形となった展覧会「土地の記憶」(2008年)

会期中には、たくさんの地方出版物や郷土菓子にまつわる古本も並び

全国から集めたお菓子は、エリア別に”ご当地プレート”となって、

目にも楽しくご賞味いただきました。
   

一 周 年


第2弾もやろうね、って言ってからちょうど1年半。

この間、彼女は激動の人生。

縁が縁を呼び、見えない力に大きく舵をきられて、

古本屋を開くつもりがここ仙川に自然食糧品と本の店「納々屋」を

オープンさせてしまったのです。

当時ライターさんで日本中の里山を足で取材してきた彼女が、

小さいお店の中で日々の品出し。しどろもどろでレジ打ち。配達。

たくさんのスタッフに支えられ、どうにかこうにか新天地にも

足がついたかな?

一通りの季節を体験して、5月11日で一周年でした。


お  麩


そんな毎日の中から思いついた今回の「土地の記憶U」の

メインテーマはふ。お麩です。

お菓子のようなハレ感はないけれど、これほど地味で滋味な

食品はないのでは?

赤ちゃんからお年寄りまで、口当たり優しく、お腹にやさしく、

高タンパク、低カロリー。

ひとりじゃ主役になれないのに、美味しいお出汁や他の食材の

力を借りてメインをはる憎めないアイツ。

くるま麩・板麩・まんじゅう麩・ちぎり麩・あられ麩

生麩・油麩・お飾り麩・・・

探ってみれば、色も形も驚きのバリエーション!

産地も名産品も全国各地に在り。

全てを一同に会したいところですが、

今回は、宮城・新潟・金沢のお麩屋さんを中心に展示・販売。

期間中は、ニワコヤの「本日の玄米お膳」には、

毎日2〜3品のお麩料理がつく予定です。

また、「おちこち文庫」さんからお麩料理の本も届きます。

 

 


高 須 賀 優 展

2010年 6月8日〜19日

 

少年はある日 家を出た。家はうんざりだった。

道の途中で三人の娘に出会った。

サーカス団の三姉妹だった。

長女はブランコ乗り。

二番目の娘はオートバイ乗り。

末の娘は曲芸一輪車の修行中。

少年は三人について行った。

そしてクラウンの弟子になった。

 

高須賀優

ブログ

 

 


LIVING STONE

笹本雅行・竹内陽子作陶展

2010年 6月22日〜7月10日

 

  待ちに待ったLIVING STONE 展です。

  工房のお引越しもあって、ニワコヤには2年振り。

  でも、その間も店内ではほとんどのHOT DRINKの器として、

  また、玄米お膳の飯椀、今ならドクダミをぐっと素敵に

  見せてくれる花器などで、いつも近くにありました。

  栃木の茂木から窯を移し、千葉のシカワタリ工房となって

   これが最初の展覧会になるそうです。

  個展の度に新境地を見せて下さるお二人です。

  さあ、この新しい窯から飛び出してくるのは

  どんなものでしょう。本当に楽しみです。

                      (6/22、26作家在廊)

 

 

 

 


KONO

2010年 7月13日〜24日

  西アフリカ地域で愛用されている、

  ユニークでハイクオリティなテキスタイル布を使用した

  オリジナルの衣料や服飾小物をデザインする

  小さなブランドです。

  存在感のあるテキスタイルデザインを活かした

  シンプルなラインに、 少しエッジを効かせれる事で、

  大人の女性が楽しく着れる、 個性的で特別感のある

  服を展開しています。普段はオンラインショップのみでの

  販売ですので、是非この機会に直接触れてみてください。

 

        

     ハーフスリーブ・レトロポップドレス     アフロ50’sトップ&スカート

             16,800yen              6,900 / 16,800yen

 

 


2010年 8月24日〜9月11日

思わずお弁当を持ってお出かけしたくなります!

MARIさんの水彩画と

ニワコヤセレクトのピクニックグッズたち!

 

この際だからニワコヤにも敷物ひいちゃいますか。

いつもの玄米もおにぎりにして…

いまからワクワクの企画です!

 

 


61勝負 演劇公演

ルームメート

2010年 9月4日(土)20:00〜

9月5日(日)14:00〜/19:00〜

 

脚本・演出:あおやぎれいこ

出演:最上桂子/阿部満世

料金:1500円(1ドリンク付)

(開場は1時間前です)

 

「61勝負」は2007年から活動を開始。

劇場だけでなく、いろいろな空間での

上演を試みています。

今回は第四弾!

 

女同士でルームシェアしている二人。

大人?の女はいつだって必死なのです!

二人の女のコメディーです。

ニワコヤが大人?の女、

二人のお部屋に変わります。

 

ご予約・問い合わせは

090-8441-7610

michigongongon@yahoo.co.jp

 

 

 


2010年 9月14日〜10月2日

 

 

niwa-coyaでは箸置きや菱鉢、カップや一輪差しなどの

小物を定番商品として取り扱っていることもあり、

馴染みの深い存在の鴨工房の展覧会です。

毎年楽しみにしている方も多いのでないでしょうか?

繊細ないっちん模様、優しい色合わせ、

他にない鴨工房ワールドを是非味わって下さい。

 

 

ニワコヤでは「玄米お膳」の注文が入ると

まず、お膳の上に鴨さんの鳥型の箸置きをとって

箸を置くところから盛り付けが始まります。

毎日毎日たくさん触っているニワコヤスタッフ一同、

その使いやすさと丈夫さにも太鼓判を押します。

 

それから、CITROENファンの瑞久さんが

毎回ちょこっと出品する陶ミニカーに新顔登場!

トラックファンもニンマリ、かな?

 

 

 


2010年 10月5日〜23日

ユニークでパワフル!

一度目が合ったらもう動けない!

本濃研太さんの段ボール彫刻展がついに実現します。

超センスいいTシャツ、ブックカバーも展示即売します。

 

 

本濃研太→

 

期間中に「ニワコヤ映画祭」が開催されます。

展覧会のみ鑑賞希望の方は

10月12日〜15日→13:00〜15:00

            18:00〜19:30

が鑑賞できます。

 

16日は終日映画祭のため、

展覧会のみの鑑賞はできません。

どうぞこの機会に映画も一緒にお楽しみください!

 

 


2010年 10月12日〜16日

キノ・イグルーとニワコヤの共同企画、

ニワコヤ映画祭がついに開催されます。

上映作品が決まりました!

 

『柳と風』

1999年 イラン 85分

   監督:モハマド・アレ・タレビ

   脚本:アッバス・キアロスタミ(友だちのうちはどこ?)

   物語:学校のガラスを割ってしまった少年がお金もな

   いのに弁償を迫られ、新しいガラスを取り付けるため

   に、小さな村を右に左に大奮闘するストーリー。   

   「ここまでシンプルな内容で、これほどスリルとサスペ

   ンスに満ちた映画は、世界中探してもきっと見つから

   ないでしょう。純粋で健気な少年の姿にグッと来ます。」




『ガスパール 君と過ごした季節』

1995年 フランス 93分

   監督:トニー・ガトリフ(僕のスウィング)

   音楽:ミシェル・ルグラン(ロシュフォールの恋人たち)

   物語:南仏プロヴァンス。少年のような友情で結ばれて

   いるふたりの不器用な男。彼らの夢は海辺にレストラン

   を開くことだった。あるとき、そこへ家族に置き去りにさ

   れてしまった老婆がやってきて、しぶしぶ共同生活を始

   めることに・・                        

   「世界から忘れられてしまった三人。         

   そんな彼らが見つけた未来への小さな光。音楽と 

   やさしさに包まれた、隠れた名作映画です。」    



『フェスティバル・エクスプレス』

2003年 イギリス・オランダ合作 90分

   監督:ボ ブ・スミートン

   出演:ジャニス・ジョプリン、グレイトフル・デッド、

       ザ ・バンド、バディ・ガイ

   物語:1970年、列車は当時最高のロック・アーティスト たちを

   乗せてカナダを横断した。ミュージシャンたちは特別にカスタム

   メ イドされた列車に乗せられ、寝食をともにし、自由気ままに

   セッションな どを繰り返しながら、行く先々で大規模なコンサー

   トを開いた。その5日 間に及ぶ、ツアーの一部始終をまとめた

   ドキュメンタリー。   

   「至福の90分 !仲間と旅をしながら音楽に浸っていられる幸

   福感。その自由な空気に 触れてしまうと、あなたの何かが変

   わります!」

      (※都合により上映作品が変更となりました。9/12)




『浮き雲』

1996年 フィンランド 96分

   監督:アキ・カウリスマキ

       (レニングラード・カウボーイズ ゴーアメリカ)

   出演:カティ・オウティネン

   物語:レストレンの給仕長イロナと市電の運転手

   ラウリの夫婦は互いに仕事を失ってしまう。   

   必死に職探しをするが、なかなかうまくかない。 

   それでも支え合うふたりは、新しいレストランを 

   開こうと思い立つ。                 

   「上映後に、僕たちキノ・イグルーとアキ・カウリスマキ

   監督とのスペシャルなお話をしたいと思います。」

 

 

火曜〜金曜日は10:30 OPEN!

11:00から「昼の回」上映!

13:00からのランチビュッフェ付で2800円

(ランチビュッフェのみは1200円)

(15:00〜18:00P.M.はCLOSE)

19:30から「夜の回」上映!

お好きなドリンクorフードチケット3枚ついて2800円

 

土曜日は13:30OPEN!

14:00〜16:00 世界の手作りアニメーション上映!

大人も子供も楽しめます

お菓子がついて1000円

(16:00〜18:00はCLOSE)

18:00からスペシャルナイト上映!

お楽しみいっぱいで3000円

 

期間中は通常のカフェメニューと異なります

(モーニングもお休みです)

いずれの回も定員25名です。

ご予約は電話 03-5315-2848(営業時間内)

又はメールでニワコヤへ!

 

 


Fun Fun展

2010年 10月26日〜11月6日

Fun Fun…おもしろいもの、たのしくなるもの、うれしくなるものを、

4人 の作り手がガラスアクセサリー、金工、

吹きガラス、陶芸で表現する展覧会です 。

 

稲山貴栄 酸素バーナーを使い色とりどりのガラスアクセサリーを制作。

 

浦野さつき シルバーや銅、真鍮などを使いアクセサリー、雑貨を制作。

 

星野明宏 吹きガラスでうつわやオブジェを制作。

 

町田裕也 陶芸でうつわを制作。

 

4人は、デザイン専門学校の同級生それぞれ異なった素材を使い、

日々ものづく りと向き合っています。

コラボレーション作品もあるかもです!

皆さんの心にFun Funを届けます!

 

 


ひげよさらば

-たかはしあやこ個展-

2010年 11月9日〜27日

 

たかはしさんの小さなガラスの作品は,

ちょっとした縁で、開店当初からニワコヤにありました。

それはぽてっとしたグラスに

細かくサルの絵が描かれている作品です。

いつか彼女の個展をやる日がくるかなと

ぼんやり思っていたのですが、

この春には小田原のアトリエでの展覧会にもお邪魔し、

ついに個展をやることにしました。

 

ガラスの小品しか知らなかったのですが、

小田原で観た作品の数々は、

布に描いた絵だったり、

絵がいっぱいの陶器だったり。

空中からぶるさがっていたり。

絵を中心に彼女の創作はどんどん広がっていました。

 

ニワコヤでの展示もどんな展示になるか。

とて楽しみにしています。

20日にはサボテンさんを迎えて

スペシャルなライブもあります!

高橋絢子HP

 

11・20(土)

サボテン・高水春菜

アコースティックギター弾き語り

18:30 start!

\2000(ワンドリンク付)

 

紡ぎだすその音と声と詩は

猫の瞳のように深くてやさしくて

少し謎めいている。

月夜にぜひ・・・。

 

 

 


chon-muop/memo#2

“チョンモップ・メモ” その2

冷蔵庫にはっておこう

ひとつのお店がある。

お店の人は、ひとり。お客も、ひとり。

お店の人はお店の人らしい事を話し、

お客はお客らしい事を話す。

いま、そこには、

その二人よりもっと多くの人がいる。

12/4(sat)16:30/20:00

    12/5(sun)13:00/16:30/20:00

【全5回公演】 開場は開演時間の30分前です

●料金 2000円(予約制・20席限定/1drink付)

●構成・演出 櫻井拓見

●出演 渋谷橙/たけうちみずゑ/藤原直美

    市場絹枝/柴田千絵里/森川弱孫

◎公演終了後、カフェメニューをご注文いただけます

●予約先・問い合わせ(10月27日予約開始)

[chon-muop/チョンモップ]

090-8346-5284

 

 


Wall Art Festival in TOKYO

今年2月にインドのスジャータ村で行われた

「Wall Art Festival」

niwa-coyaでも展覧会をやった淺井裕介さんが

インドで子供たちと泥絵を描いてきたと聞いて

気になっておりました。その様子は是非

WASのホームページをご覧ください!

 

そして来年2月に第2回のWASが決定しました!

そのキックオフイベントをniwa-coyaで行います!

破天荒なこの企画にさらなる破天荒な男

未来美術家・遠藤一郎氏も名乗りを上げて

いったいどうなるのか????

 

WAF2011キックオフイベント

「Wall Art Festival in TOKYO」 写真展

    12月7日(火)〜 12日(日)

  ウォールアートフェスを伝える展覧会&インドの手仕事ギャラリー
                             (撮影・中川十内)


   上映会&トーク

12月10日(金)10:30〜12:00

「PTA活動から始まったボランティア。

芸術祭のオーガナイズって楽しい♪」

話し手:おおくにあきこ(ウォールアートプロジェクト代表)

 ※上映会は無料です。(ニワコヤmenuのオーダーをお願いします)  


淺井裕介・遠藤一郎の

ワークショップ・上映会


12月11日(土)

「自分の旗を作ろう」ワークショップT

     13:00 遠藤一郎ワークショップ(みんな集まれ!)

     15:00 「遠藤一郎の旗」公開制作

     18:00 旗のライトアップ!!

     18:30 淺井裕介×遠藤一郎トークイベント

          (インドから同時中継あり)


    ※ワークショップは参加費無料です。

     トークイベント参加費1000円(ドリンク付き)

     その他フード(400円〜)も用意しています。

            < トークの内容 >

    ☆フェスのメイキングビデオの上映

    ☆ふたりのアーティストの話あれこれ

    ☆インドから「ナマステ!」

     〜同時中継で賑やかに「キックオフメッセージ交換」

  ☆のんびりみんなで交流タイム
 

         12月12日(日)

「自分の旗を作ろう」ワークショップU

    13:00 淺井裕介ワークショップ(みんな集まれ!)

     15:00 「淺井裕介の旗」公開制作

     18:00 すべての旗を飾ってライトアップ!!

     ※ワークショップは参加費無料です。

    お問い合わせ: info@wafes.net


クリスマスの贈り物

2010年 12月14日〜25日

繊細なレースをモチーフにした

小関さんのシルバーアクセサリーと

キャンドルスタンドなどの小物。

内山さんは素朴な形と手びねりならではの

肌合いが親しみを感じさせる陶器、

お皿、カップ、スプーンなど。

谷さんはリバーシブル対応の二重編みで

とってもあったかいニット帽。

三人三様の手法でクリスマスギフトに

ぴったりの作品を用意してくれました。

クリスマスツリーのオーナメントもそれぞれ製作。

店内中央の大きなツリーに注目です!

 

シルバー鋳金・小関郁子

 

焼きもの・内山亜矢子

 

編み物・谷かほる